講師について

キッズプロ代表 賀川恵美子です!

ピアノを5歳から高校卒業まで続け、色々な曲を弾いて楽しめるようになりました。
アップテンポの曲が得意で、好きな曲はショパンの革命のエチュード。

小さな頃から、スポーツが大好き。
小学校のジュニアバレーに始まり、中学校ではテニス、高校ではバスケットボール、大学では少林寺拳法部に所属。

やっている競技は異なりますが、それぞれの部活を最後まで継続しました。
私のたった一つの特技といったら、粘り強さ!

大学院の頃は微生物の遺伝子などの研究で、夜中まで実験をしていました。

塾講師などを経て、子育ての生活が始まりました。
子どもを産んでから、私の生活は一変しました。

私の人生の中で、責任があるのに自分の努力ではどうにもならない存在を知りました。

長女、次女の子育てを経験し、生まれ持った個性があることを強烈に感じました。
大人とは異なり、本能のまま、個性が強い状態の子どもたち。

そこから、子どもの研究が始まりました。
保育士の資格を取りました。
しかし、資格だけではどうにもならないのが、子どもたちの個性でした。

心理学や教育学だけでなく、脳科学や経済学など色々な分野の本を読みあさりました。
読んだ本を記録し内容を書きとめ、その数は970冊を超えました。

英語リトミックに通ってくださる0歳からのちびっことママたちを見て、研究してきました。

子どもたちには、それぞれの子どもに合ったやり方があると感じました。
そこで、個性と伸び方について実践をしてきました。

個性を見て、声がけや教え方を変えることで、子どもたちが伸びていくのが楽しくなりました。

一方、ホームページやブログ等作成で、プログラミングに関わってきました。
2018年より、小学生のプログラミングを教え始めました。

小学生用でも、プログラミングの教材は難しいと感じるものが多くありました。

2020年度より、小学校でプログラミングが必修化となり、日本の子どもたちすべてが、プログラミングを勉強することになりました。

一部の得意な子どもが学べるのではなく、それぞれの子どもが楽しく学べる方法にしたいと強く思いました。

そこで、幼児から学べる教材ややり方を考え、子どもプログラミング教室を開始しました。
得意な子だけがやるのではなく、個性に合って楽しく学べるようにしたかったのです。

幼児でも分かりやすく、さらにその子の特性に合わせてプログラミング学習ができるよう考えました。

コンセプトは『楽しみながら学べる!』こと。

ゴールは同じでも、たどり着く道はそれぞれが異なって良いのです。
子どもたちの生まれ持った可能性を活かして、能力にできるのがプログラミング。

『プログラミングって楽しい!』を日本中に広げたいと思っています。

群馬大学大学院工学研究科修了
微生物学、遺伝子工学
保育士
高等学校専修免状
リトミック研究センターディプロマB
英語リトミック・知育教室 メロディ♪ランド代表
3歳から小学生の子どもプログラミング教室 キッズプロ代表